この音とまれ 22巻を読むなら漫画無料サイトやアプリ!違法サイトは禁止!

『この音とまれ』はジャンプスクエアにて2012年連載開始の音楽学園漫画です。
作者はアミュー。

和楽器の筝(こと)を始め様々な楽器が登場する本作。アニメは2期放送されるなど人気も高く、気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では『この音とまれ』の漫画22巻は無料ダウンロード可能か?・zip、rar、rawの実体・最新刊情報などをまとめます。

 

この音とまれ22巻の収録内容

この音とまれ22巻には84話から89話までが収録されています。

 

84話雨のち笑み
85話眠れる獅子
86話新たなる道
87話音なき稲妻
88話時世の音
89話等身大のノート

 

この音とまれ22巻を安全に無料ダウンロードする方法は?

『この音とまれ』には1巻分の漫画を無料で読める安全なサイトがあります。

もちろん22巻にも対応。

そのサイトとは『U-NEXT』という配信サービスです。

 

 

600円分タダU-NEXTだけ

無料トライアルはこちら!

※当キャンペーンは予告なく終了することがあります。最新刊をタダで読みたいなら今すぐのチェックをおすすめします!
※上のボタンをクリックしてページに飛べばキャンペーンは開催中です。

 

以下、U-NEXTの特徴を簡単にまとめました。

 

登録無料(3分あればOK)
登録後31日間は月額料金無料
31日以内の解約で月額完全無料
すぐに600ポイントもらえる
※1ポイント=1円で利用可能
ダウンロード可能(要無料アプリ)
全巻配信で売り切れの心配なし
巻数が多くてもかさばらない!
無料対象ならポイントは別の巻に回せる
アニメも観れる

 

U-NEXTの『この音とまれ』はこちら。

 

 

『この音とまれ』の漫画22巻の値段は501円となっていますが、登録後もらえる600円分のポイントを使えば無料、ダウンロードして読むこともできます。

また期間限定で『1冊無料』などのセール対象になっていることがあり、タイミングによってはポイント分と合わせて2冊無料で読むことも可能です。

U-NEXTでこの音とまれ22巻を無料で読む!

無料登録で600ポイントもらえる特典はいつまで続くか分かりません。

お得に読みたいならリンクからすぐに確認してください!

 

この音とまれ22巻を無料ダウンロードできるzip・rar・rawの実体を紹介!

漫画を全巻無料で読めるサイトを探していると、『漫画バンク』といったサイトを見掛けてことはありませんか?

 

 

漫画バンクは漫画が入ったzip・rar・rawファイルが違法にアップロードされている海賊版サイトです。

ここに『この音とまれ』22巻があれば閲覧できますが、絶対にダウンロードしてはいけません(削除されていることもある)

なぜなら漫画バンクにある漫画のダウンロードリンクをクリックするとパソコンやスマホがウイルス感染するからです。

もし感染すると以下の被害が出ます。

 

スマホやPCが壊れる
SNSアカウントやメールアドレスなどの個人情報流出

 

漫画バンクに限らず、海賊版サイトにあるファイルは安全管理されていないためウイルス感染していることがほとんどなのです。

無料のはずが逆に取り返しのつかない悲劇を生むこともあります。

『スマホを壊したくない』『友達を裏切りたくない』ならサイトへのアクセスは禁止です。

 

この音とまれ22巻を無料で読める漫画アプリは?

※2020年6月時点の情報です。最新情報はアプリにて確認してください。

現在、『この音とまれ』は以下のアプリにて配信されています

 

アプリ名詳細
ピッコマ501コイン
LINEマンガ501円
マンガBANG501円
マンガMee無料:3話まで
待てば無料:8巻30話まで
30ボーナスコイン:31話以降
※72時間の閲覧制限あり
ジャンプ+無料:3話まで
30pt:それ以降
※48時間の閲覧制限あり

 

ただし22巻を無料で読めるアプリは見当たりませんでした。

現状ではアプリでも無料配信されているので、よりたくさん無料で読みたければU-NEXTとの併用もおすすめです。

今回ならマンガMeeで8巻30話まで、31話以降はU-NEXTを使えば合計13巻無料で読めます。
※漫画Meeとジャンプ+は閲覧期間あり。制限後に読むなら再購入が必要。

22巻を無料で即読むならU-NEXT一択です!

U-NEXTでこの音とまれ22巻を無料で読む!

 

↓その他の漫画情報はこちら!↓

執事たちの沈黙は全巻無料で読める?サイトやアプリを徹底調査!
よう実の漫画を全巻無料で読めるサイトやアプリを調査した結果は?
かぐや様は告らせたいを全巻無料読みできるサイトやアプリを紹介!
無職転生は漫画バンクなら無料だが危険!安全確実に読める方法は?
チェンソーマンを漫画バンクで読んではいけない!その理由と代わりの方法は?

 

最新刊の発売日はいつ?

 

※2020年6月時点の予想です。

この音とまれの最新刊発売日はいつになるのか?過去巻の発売日を参考に予想します。

 

巻数発売日発売間隔
12012/11/7
22013/3/94ヶ月
32013/7/94ヶ月
42013/11/64ヶ月
52014/4/95ヶ月
62014/7/93ヶ月
72014/11/94ヶ月
82015/3/94ヶ月
92015/7/84ヶ月
102015/11/94ヶ月
112016/3/94ヶ月
122016/7/94ヶ月
132016/11/94ヶ月
142017/3/84ヶ月
152017/7/94ヶ月
162017/12/95ヶ月
172018/4/94ヶ月
182018/8/84ヶ月
192018/12/94ヶ月
202019/4/94ヶ月
212019/10/96ヶ月
222020/4/96ヶ月

 

発売間隔はだいたい4ヶ月。年間の発売巻数は2、3冊ほどで2019年は2冊です。

現状の最新刊は22巻で1年に3冊出ると考え、23巻の発売日を予測すると、

 

23巻は2020/8/9前後?
24巻は2020/12/9前後?

 

こうなるかもしれません。

あくまで予想です…。

いずれにしても、最新刊発売日のパターンは過去作から見ていくのが妥当かと思います!

 

この音とまれ アニメを無料視聴できるサイトは?

漫画と同様、「アニメ広場」などの違法サイトに『この音とまれ』があれば視聴できる可能性はあります。

ただし違法サイトは危険なので触れてはいけません。

一方、上記で紹介したU-NEXTでも『この音とまれ』のアニメが配信されています。

 

 

アニメの値段は220円となっています。
(2020年6月時点)

こちらも登録後もらえる600円分のポイントでの支払えば実質無料で視聴可能です。

全話無料とはいきませんが、安全にお試しできるので気になる方はこちらを利用してください

U-NEXTでこの音とまれの動画を無料視聴する!

 

この音とまれ あらすじ

この投稿をInstagramで見る

この音とまれ!Official Fanpage(@kono_oto_tomare)がシェアした投稿

 

神奈川県の県立高校・時瀬高校に進学し、箏曲部に入部した久遠愛だったが、箏曲部の部員は部長の倉田武蔵1人のみだった。

廃部の危機に陥っている箏曲部だったが、愛の他に、箏の家元の娘・鳳月さとわ、愛の友人の足立実康・水原光太・堺通孝が入部したことで、部員不足による廃部の危機から脱する。

しかし愛のことを快く思わない教頭は箏曲部を廃部させようとする。そこで部員たちは部の存続を懸けて、1か月後に全校生徒の前で演奏を披露することに。

その後演奏で成功を収め教頭から部の存続を勝ち取ることに成功。そこでさらに武蔵の同級生・来栖妃呂を加えて計7名となり、関東地方の高校の箏曲部が出場する「関東邦楽祭」にエントリーする。

入賞は逃したものの、顧問である滝浪涼香は部員たちの演奏を認め、以後、積極的に部員を指導するようになる。

部全体の演奏技術も着実に上がり、姫坂女学院や珀音高校などのライバル校に競り勝ち、さらに部員も増えて全国大会に臨むが…。

 

この音とまれ 漫画22巻は無料ダウンロード可能?zip・rar・rawの実体を紹介!まとめ!

 

筝に注目した音楽漫画『この音とまれ』。

最後に、

「漫画22巻は無料ダウンロード可能?zip・rar・rawの実体を紹介!」

をまとめます。

 

この音とまれ22巻を無料でダウンロードできる安全なサイト・アプリ

U-NEXTの初回限定600ポイントを使えば確実に無料で読むことができます。
(※600ポイントの付与期間は不明、早めの無料登録がおすすめです)

U-NEXTでこの音とまれ22巻を無料で読む!

なおアプリでは22巻の無料配信は無し。
(2020年6月時点)

 

この音とまれ22巻を無料ダウンロードできるzip・rar・rawの実体

漫画バンクなどの海賊版サイトなら無料で全巻ダウンロードできる可能性がある。

しかしウイルス感染の危険性があるので利用は絶対禁止。

 

最新刊の発売日はいつ?

発売間隔は4ヶ月前後。年間の発売巻数は2、3冊ほど。

最新刊発売日のパターンは過去作から見ていくのが妥当。

 

以上です!

音楽漫画である『この音とまれ』はアニメも漫画もそれぞれの楽しみ方がある作品です。

気になる場合は無料で試してみましょう。

この音とまれのアニメを無料視聴する!

※当ページの情報は2020年6月のものです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました